認定ペットシッター養成講座では、40万件超のペットシッティング事例を元にカリキュラムを構成。実務で活きる本物のペットシッター技術を習得できる、プロのペットシッターになるための実践講座です。

aa



HOME > 全国ペットシッター協会 > お知らせ

お知らせ

2016年11月5日「認定ペットシッターの集い2016」が開催されました。

 「一般社団法人 日本防災教育訓練センター」代表のサニー神谷先生による「ペットセーバー〜ケースに応じたペットの応急処置」セミナーでは、ペットのCPR、心肺蘇生法、止血法、異物除去法などのファーストエイド(応急処置)を学んでいただきました。
ペットシッターは多くの場合たったひとりで「お世話のペット」と向き合います。万一不測の事態が生じた際、最初にとる行動や適切な処置次第で、その後のペットの治療や回復に大きな影響を与え、命を守ることにもつながります。日常生活におけるペットの救急法、事故防止、人口呼吸や心臓マッサージなど、プロとしてペットに携わる上で必要な知識と技術習得のスキルアップ講座となりました。

 どこかの企業やフランチャイズに属して、また個人開業など、ペットシッターの活動には様々な形態があります。続いてのセミナー「売れっ子ペットシッターに聞く成功までの道のり」では、2012年にペットシッタースクールを修了し個人開業され、大変多くのお客様を抱える「Buddy’s Pet Sitter.(バディスペットシッター)」の田所さんにお話しいただきました。開業までの準備や、開業後の様々な取り組み、お客様にリピートいただくためのサービスなど、様々な視点から探る成功のヒントと、そのノウハウは、活動中のシッターはもちろん、ペットシッターを目指す多くの方に役立つ内容となりました。

 第二部の「立食懇親パーティー」では、ペットシッター仲間と楽しい時間を過ごしていただけたかと思います。恒例の「ペットクイズ大会」では、チーム戦で競馬レース形式にしたものの、接戦により問題数が足りず後半ぐだぐだになってしまいました(笑)
次回はもっと練って、楽しい会になるよう努めてまいります。


(※このような「セミナー懇親会の集い」は、ペットシッタースクール卒業生(「認定ペットシッター」または「ペットヘルパー」資格者)には毎回案内されますので、常に学ぶ姿勢を忘れず、ペットシッターサービスやお世話技術の向上を目指していきましょう)


2015年12月6日「認定ペットシッターの集い2015」が開催されました。

 

「ヒトと動物の関係学会」監事で動物(主に猫)のスペシャリスト、多数の著書を持つ加藤由子先生による「家畜が歩んできた道〜ペットの進化を考える」セミナー。
ペットシッターは「ペット」に携わるお仕事ですが、ペットは言うまでもなく「動物」です。そして「動物」は、それぞれの環境に適した進化を遂げてきた生き物で、家畜となりペットとなる過程には様々な取捨選択がありました。犬や猫もそんな動物であるという原点に立ち返り、その“進化”を紐解くことで、人とペットのより良い未来を探るセミナーは、今後のペット関連の仕事にも大きく生かしていただける内容となりました。


続いてのセミナーは、迷子ペットの捜索パートナーとして幅広く活躍する永多先生の「捜索実例談」。
様々な事由でペットが迷子になってしまった飼主様の心情に触れながら、これまで約数十頭の捜索にあたった自身の捜索ノウハウをお話しいただきました。

もちろん、ペットシッターは絶対に「逃がす」ということはあってはいけませんが、いざというときや、お客様から相談された際など、無駄を省いた論理的なテクニック、効率的な捜索方法は大変役立ちます。

 

第一部のセミナー後は、講師の方々も含めた第二部の「立食懇親パーティー」で、お料理やお酒と共に楽しい時間を過ごしていただきました。このような「セミナー懇親会の集い」は、ペットシッタースクール卒業生(「認定ペットシッター」資格所持者)には毎回案内されますので、常に見聞を広め、幅広く活躍できるペットシッターを目指していきましょう。

2014年12月7日「認定ペットシッターの集い2014」が開催されました。

 

CCPDT認定ドッグトレーナー、ブラインドドッグトレーナー、犬のトレーニングと行動のコンサルタントなど「動物行動学」の分野において幅広く活躍する齋藤美紀先生による【応報行動学〜「その行動はなぜ起きるのか?」を科学する〜】セミナー。
どうしても人間が都合よく解釈してしまいがちな動物の行動について、「応用行動学」を学びその根本や正しい導き方などを学習していただきました。
動物と行動を共にするペットシッターにとって、行動の理由やそれをとりまく環境などを理解することは、安全かつペットもポジティブにお世話する上で大変役に立ちます。


「認定ペットシッター」有資格者を対象の本セミナーも、現役のシッターからペット関連の事業を営まれている方、またまだ実際にペットシッターの活動はしていないが、いつかは開業を考えている方など、さまざまな方が来会します。
「ペットシッター’sエピソードトーク」では、10年目のベテランシッターから開業間もないシッターまで、4名の現役シッターに仕事のやりがいや心構え、軌道に乗るまでの期間や活動方法などを語っていただきました。成功談だけではなく、様々な角度から難しいお世話の対応や解決策なども披露いただき、多くのエピソードが実践的な学習となりました。

 

懇親会では、恒例となった「ペットクイズ大会」で盛り上がりました。ペットシッターは基本的にひとりでお世話に当たるものですが、こうした横のつながりを築いておくことで、お世話のヘルプ依頼やお客様の紹介など、お仕事に役立つことも多くあります。
本セミナーはペットシッタースクール卒業生(「認定ペットシッター」資格所持者)には毎回案内されるものです。見聞を広め、幅広く活躍できるペットシッターを目指していきましょう。

2012年11月3日「認定ペットシッターの集い2012」が開催されました。

緊急災害時動物救援本部 救援推進部長の会田保彦先生による「被災時のペット対策講座」では、昨年の大震災以降の被災地ペットの現状や、災害への備えや正しい対処法などを学んでいただきました。

また、ペット栄養学会会員 ペット栄養コンサルタントの奈良先生の「簡単手作りフード講座」では、ペット栄養学に基づいた手作り食を実際に作りながら学んでいただきました。セミナー後の懇親会では、恒例のペットクイズ大会が行われ、共に戦った皆さんで知識と交流を深めていただきました。

ペットシッターは「ただペットのお世話をする人」から、お客様に信頼される「一番身近なペットアドバイザー」的な存在になりつつあります。
プロのペットシッター同士の交流が、また様々なペット関連業者とのつながりが、ペットシッター業界全体のスキルアップにつながり、お客様により良いサービスとして還元できるようになります。

2009年11月28日(土)協会セミナー&懇親会が行われました

英国認定HMAホメオパス、アニマルプロフェッシォナルホメオパス。AmericanHolistic College of Nutrition博士号取得の獣医師宮野のり子先生による「ペットのための自然療法セミナー」や、「ペットシッター顧客満足度UPへの3つの鍵」などのセミナー。

立食懇親会パーティーでは、「豪華賞品争奪ペット三択クイズ大会」などでたくさんのペット好き、動物関係者に交流を深めていただきました。

2008年12月13日(土)協会セミナー&懇親会「ペットシッターの集い」が開催されました。

著書「永遠のレイア」の映画化決定。全国ペットロス協会顧問、作家・エッセイストのカタリナ房子さんによる「ペットロスセミナー」。

開業12年目のベテランシッター。出張トレーナーやしつけ教室講師などで広く活躍中の鶴岡誠さんによる「犬のしつけセミナー」。

懇親会では「お楽しみ○×クイズ大会」で動物知識を競い合いました。

2007年12月8日ペットシッター協会セミナーが開催されました

ペットアロマの第一人者「西村早苗先生」による「ペットのためのアロマセラピー」講習と、ペットシッターSOSの繁盛店シッターによる「顧客の心をつかむノウハウ講習」が開催されました。立食パーティーによる懇親会では、アロマグッズの賞品をかけてペットのクイズ大会で盛り上がりました。

2006年7月15日ペットシッター協会セミナーが開催されました

動物愛護法の改正に伴う「ペットシッターと改正動物愛護法」講座と、ペットシッターSOSの活動に触れる「ペットシッターSOS体験談」講座が開催されました。

レストラン会場を借りての懇親会で、会員の皆様同士の交流を深めていただきました。

Pagetop