認定ペットシッター養成講座では、40万件超のペットシッティング事例を元にカリキュラムを構成。実務で活きる本物のペットシッター技術を習得できる、プロのペットシッターになるための実践講座です。

aa



HOME > 講座案内 > 講座の特長

講座の特長

ペットシッタースクールの講習は、スクール併設のペットシッター専門フランチャイズ『ペットシッターSOS』での数十万件におよぶ実績の下に組み上げられた、実践に則した専門性の高いものです。

 

オリジナル教材と著名ベテランの講習陣による多くの実習を交えた講習は、他の追随を許さない豊富な内容のものとなっております。

 

 

 

 

 

 「ベテラン現役ペットシッター」はもちろん、「獣医師」「ドッグトレーナー」「動物行動学ライター」「マナー講師」「弁護士」「税理士」など、多彩な講師陣から多面的に学んでいただきます。(→講師紹介

 

−飼い主さんに信頼されるには?

−引っ張りの強い犬をお散歩させるには?

−猫の健康管理や異常の発見は?

−犬猫以外の小動物のお世話は?

 分かり過ぎるほど分かりやすい実践講習で、過去に多くの生徒さんが卒業し喜びの声をお寄せいただいています。(→受講生の声

 

 

 

 

動物やそのお世話がメインだから、授業や実習はどれも楽しい!

それぞれの専門分野でペットシッターに必要なノウハウを学べます。

プロシッターならではの知識と技術は、開業への大きな自信となります。

 

講座に関する詳しいQ&Aはこちら(→よくあるご質問

認定ペットシッター資格を取得できます

『ペットシッター』という言葉自体を商標として特許庁に登録し、その技術教育を許されているのは我が国では「ビジネス教育連盟ペットシッタースクール」ならびに資格認定団体である『全国ペットシッター協会』だけです。

 

講座修了時に行われる「認定ペットシッター資格検定試験」に合格すれば「認定ペットシッター」の正規資格が得られるとともに協会正会員に登録されます。この資格は環境省の定める動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請要件を満たします。お客様がシッターを選ぶ際に、正会員であることが信用力のアップにつながり、顧客になって頂けるきっかけとなります。

パピーティーチャー資格も同時取得できます

現在、犬の飼育数が激増しており、子犬のしつけや預かりなどの需要の急増が予測されます。そのための施設『パピー保育園』(商標登録済商標)の全国展開に伴い、そこで働ける認定資格『パピーティーチャー』の資格が、本講習を修了後検定試験に合格することで『認定ペットシッター資格』と同時に取得することができます。

 

「パピー保育園」はフランチャイズ方式で全国展開される子犬の預かりとしつけのための施設です。「パピーティーチャー」はいわば子犬の保母さん。自宅開業あるいは施設スタッフになれる、商標登録された価値ある資格です。

動物業界への幅広い就職/自宅開業にも対応

ペットシッター業は動物が好きな方が携わる仕事の中でも、直接かわいい動物たち(主に犬や猫)に触れながら仕事ができるということから、近年特に人気が高まってまいりました。

 

一般の方々にこの職業が知られてきてシッティング需要が高まるにしたがい、従来のペット関連業種、例えばペットホテル、獣医、ペットグッズショップなどでシッター部門を新設するところも増え、ペットシッターへの求人需要も旺盛になってきて、当スクール修了生の就職先も大変広くなってまいりました。

Pagetop